夜中にトイレがつまった・・・

自宅で設備や備品が壊れることがよくありますが、基本的に自分で修理ができるものとできないものに分かれます。
例えば扉が外れた場合であれば自分で修理することが可能です。
また、網戸が外れた場合などでも簡単に修理をすることができるでしょう。
しかし、トイレが詰まった場合や水漏れが発生した場合は修理できる場合とできない場合があります。
修理できる場合は、自分で何とかすることで解決しますが、修理できない場合は、他人の力を借りるしかありません。

自分で出来るつまり解消法

トイレが詰まった場合は、自分で修理できる可能性が高いです。
基本的に、トイレットペーパーを流して詰まったパターンが多くなりますが、この場合はラバーカップ、別名すっぽんを利用することで簡単につまりをとることができます。
ラバーカップをトイレの水の流れるところに押しあてて、一回強く押します。
このときたいていつまりを解消するため、一家に一つはラバーカップを置いておきたいところです。
水漏れの場合は困難なこともありますが、給水管と給水管をつないでいるつなぎ目のボルトが緩んでいる場合は、それをしめつけることで水漏れを防ぐことは可能です。
また、タンクの中に問題があり水漏れが発生することも少なくありません。
その場合には、トイレのタンクをあけて、中身を確認しポンプのつまりがないかを丁寧に見ていきましょう。
タンクの造りはそれほど難しくないため、素人であっても解決できることが多くなります。
いずれにしても、焦らず原因を丁寧に探し出すことが重要です。

どうしようもなく業者を呼ぶとき気を付けたい事

トイレのつまりの中でも固形物がつまってしまった場合は、なかなか自分の力でどうする事も出来ません。
よくあるパターンは子供がいたずらでおもちゃをトイレの中に流してしまい、取れなくなってしまい、詰まった場合です。
この場合はラバーカップも無用の長物になり使いものになりません。
水漏れも、ねじが緩んでいるぐらいであれば自分で直すこともできますが、完全にパッキンが劣化している場合や、給水管にひび割れが発生している場合は、自分の力でできないことが多くなります。
これらの時は、業者及ぶ必要があります。
業者及ぶ場合は、金額の安いところを選ぶ人が多いですが、金額の安ければいいわけではありません。
しっかりとした工事をしてくれるところと、故障がしっかりしているところを選ぶべきです。
特に重要になるのは保証がしっかりしているかどうかになります。
保証がしっかりしているということは、裏を返せばそれだけ丁寧な工事をしてくれることを意味しています。