もう愛犬がいればいいかもと思う瞬間

犬を飼っているという方は、恋人がいなくても愛犬がいればいいや、
と思う方もいるでしょう。
愛犬がいればいいやと思う瞬間としては、いつの間にか寄り添ってくれたり、
家に帰ったら玄関先で待っててくれた時などがあります。
他にも愛犬によっては甘えてくる子も多いですね。
そんな愛犬と長く共に過ごしていくには、
飼っている愛犬の健康にも気を使わなければなりません。
特に気を使っていないという方は、
長く健康でいられるためにも愛犬の健康管理をしていきましょう。

愛犬とのお散歩で健康に

愛犬の健康管理としては、まずはお散歩となります。
小型犬でも外に出す機会が少ないと運動不足になってしまいがちなため、
定期的な運動を心がけるようにしましょう。
運動不足の解消だけでなく、体を動かすことによって愛犬のストレス発散にもなります。
犬のお散歩としては、できることなら毎日行ってあげたほうが良いとされています。
良く耳にするのが朝と夕方の2回となります。
働いている方は忙しくて2回も行けないという方も多いので、
最低でも1日一回はお散歩に出かけるようにししょう。
愛犬の体力がなくなってきたという場合で、朝と夕方の2回散歩をされている方は、
1回の散歩で疲れている場合なら次の散歩を短めにしてあげるなどの配慮をしてあげるようにします。
お散歩から帰った後には、愛犬の健康のために柔軟体操とマッサージを行うという方もいます。
お散歩の他にも愛犬の健康への効果を上げたいという方は、
柔軟体操とマッサージを行ってあげるのも良いでしょう。

もしも犬が病気になってしまったら

愛犬が病気になってしまったら
なるべく早めに動物病院に連れて行ってあげることが重要となります。
人と同じで、治る病気でも発見が遅いと手遅れになってしまうこともあります。
いつもの様子が違うという場合は念のため動物病院で検査をしたほうが良いでしょう。
犬が亡くなってしまう原因として癌があります。
癌は早めの発見が難しいため、具合が悪くなって動物病院に連れて行っても
手遅れだったという場合も多いです。
癌の治療は高額となるので、今のうちからペット保険を検討されてみるのも良いかと思います。
愛犬の余命宣告をされた場合で、これ以上治療をしても意味がないという場合ですと、
残された時間をどのように過ごしていくかを考えていきます。
残された過ごし方としては、好きなものを食べさせてあげたり、好きなことをさせてあげます。
愛犬の痛みを和らげるために、痛み止めも与えます。
考えたくないかと思いますが、愛犬の弔い方についても
検討していき、心の整理とつけていくようにします。